【身長145cm以下】低身長で小柄なAV女優

2021-01-06

AV女優といってもその持ち味は千差万別と言えるほど。

そんな中にあってひとつの重要なカテゴリーとして確立しているのが、今回のメインテーマでもある「低身長で小柄」というジャンルです。

すでに多くの男性によって支持されている小柄女子ですが、それはあくまで一般的な身長程度の話に過ぎません。

低身長&小柄指定されるほどのサイズとなると話はちょっと違ってきます。

それはもはや「ちびっ子」とさえ呼べるほどであり、そんなミニマムサイズのAV女優の可愛さときたら…その要素だけでも破壊力はメガトン級に達するほど!

というわけで飛び抜けて低身長(145cm以下)で小柄なAV女優をじっくりと紹介していくので、どうぞごゆるりとお付き合いください。

七沢みあ

ベッドに寝転がってオッパイを揉まれている七沢みあ

ミニマム度145cmと今回の中では大きめサイズのちびっ子。

食べ歩きが趣味なのに不思議と小柄&スレンダーという七沢みあ。

女優名七沢みあ
血液型
生年月日1998年12月13日
出身地東京都
身長145cm
スリーサイズバスト 79cm(Cカップ)
ウエスト 54cm
ヒップ 80cm
趣味・特技食べ歩き
活動歴2017.11-
参照「七沢みあ」 FANZA

七沢みあはオタクな上に元コスプレイヤーでもある女優。

そんな彼女のバストサイズは79cmのCカップ、ヒップサイズは80cmと控えめ、そして54cmのウエストサイズで実にスラリとしたスレンダースタイル。

彼女はもともと人形のようにハイレベルなルックスを備えており、それだけでも色々な業界で爆発的な人気を獲得できそうなレベル。

男性に寄りかかってオッパイを揉まれている制服姿の七沢みあ

それに加えて美しいまでのモデル的スレンダースタイルの持ち主であり、女性なら誰もが羨むような二物持ちの美少女なのです。

そのルックスといいスタイルといい、人並み外れた外見なのでそれはもうコスチュームもバッチリと映えるというもの。

風呂場にて片足上げ立ちバックでセックスしている七沢みあ

ミニマムボディーという強力な武器に加えて潮吹きも可能、感度も良くてイきやすく、イッた後の痙攣もいい感じで、そのときのビクンビクンと腰が強く動く様も素晴らしい。

そんな彼女のデビューのきっかけとなったのは、ミニマムボディーと可愛らしいルックス&ムチムチボディーが魅力の愛須心亜なのだとか。

私、じつは以前からAV女優になりたかったんです。愛須心亜ちゃんが好きで憧れていて。私自身がロリ顔だったこともあるんですけど、髪型やメイクも心亜ちゃんに寄せてました(笑)。それで作品も観ていたので、心亜ちゃんがやっていることを自分もやってみたいと思って

(※ 引用:「現役女子大生AV女優☆七沢みあちゃんインタビュー(前編)「スタッフさんに、私潮吹いたことがないからできるか分からないって言ってたのに、カメラが回りだしたらすっごい吹いちゃって…一つの絡みで5回も(笑)」 デラべっぴんR)

騎乗位でセックスしているメイド姿の七沢みあ

それにしても食べ歩きが趣味でサークルにも入っているという話でしたが、食べた物は一体どれだけの何に使われているのでしょうね?

そんな疑問が湧き上がるほど本当に見事なスタイルなんですよ。

デビューから2年以上経過していますが、デビューから変わらず2020年もコンスタントに作品を配信しているのでこの調子でぜひ頑張って頂きたいところ。

関連記事
「ハメ潮!大量の潮!ものすごい潮吹きAV女優」
「七沢みあのエロ画像」

桃尻かのん

男性のペニスを触りながらこちらを見ている桃尻かのん

ミニマム度144cmで七沢みあをわずかにリードするちびっ子女優。

ご紹介するのは黒髪の似合う美少女系で丸尻が持ち味の桃尻かのん。

女優名桃尻かのん、百田花音ほか
血液型B型
生年月日1998年7月7日
出身地滋賀県
身長144cm
スリーサイズバスト 83cm(Dカップ)
ウエスト 57cm
ヒップ 83cm
趣味・特技旅行、吹奏楽
活動歴2017.12-
参照「桃尻かのん」 FANZA

その女優名にわざわざ「桃尻」と入れ込んでいるだけあって、綺麗な形の丸尻をしているというのが彼女の持ち味のひとつ。

ヒップサイズ自体がそれほどずば抜けているというわけではありませんが、小柄な体型のおかげで見た目的には十分に楽しめる感じなのです。

ディルドを挿入している桃尻かのんのお尻のアップショット

ただ女優名に使ってまでの逸品なのかと聞かれると…、うーん…正直なところハードルを上げ過ぎてしまったと言わざるを得ないところでしょうか。

それにしても彼女はぱっちりとした目にインパクトがありますよね。

バックからペニスを挿入されている猫耳&水着姿の桃尻かのん

加えてちょっと黒目が大きいせいもあってか少々目力が強い印象。

そんな目で見つめられてしまうと非常にドキドキしてしまうのだが…。

それと彼女のオッパイはちょっと大きめのDカップとなっていますが、乳輪は薄くて小さくて何だか可愛らしい組み合わせになっているのがいいですね。

背面騎乗位でセックス中にお尻を揉まれている桃尻かのん

低身長のテーマに相応しく144cmのミニマムサイズですが、先に紹介した七沢みあと違って若干お肉が付いていて柔らかそうなタイプ。

そして何より彼女はパイパンでもある。

ミニマムボディーをメインテーマにした今回のラインナップにおいて、パイパンはやはり好相性の素材なだけにそれだけで価値も高まるというもの。

より幼さが強調されているようで味わいもより深まるのではないかと。

テーブルに縄で縛り付けられディルドを挿入されている桃尻かのん

…ちなみに彼女は制服姿に定評があり、そういった見た目と相まって美少女ものや女子高生ものへの出演作品が多くなっています。

制服姿の似合うタイプでお尻が売りとなれば、バックからパンツをずらしてズドンと突っ込みたくなるのが男心というものではないでしょうか。

コスパは最高クラスかも!?魅惑の動画見放題プランをご覧あれ!
Hey動画月額見放題プランのトップページのスクリーンショット

Hey動画は一般会員でも視聴可能な動画本数はなんと15,000本以上、プレミアム会員にランクアップすれば20,000本以上とさらにボリュームアップ!

過去に配信された人気の超名作なども、当然ながら一切の制限なしでたっぷりと見放題に!

しかも見放題プランでの最安プランは驚きの「1日0.41ドル」。日本円107円で計算しても1日43円って…つまりは50円以下と非常にリーズナブル!

そう…「Hey動画の月額見放題プラン」とは驚愕の低コストがとっても魅力のプランとなっているのです。

生田みく

全裸でソファーに座っている生田みく

桃尻かのんと肩を並べるミニマム度144cmのちびっ子サイズ。

スレンダーでは楽しめない、ほどよい肉付きが楽しめる生田みく。

女優名生田みく
血液型
生年月日1998年2月14日
出身地岡山県
身長144cm
スリーサイズバスト 70cm(Cカップ)
ウエスト 56cm
ヒップ 76cm
趣味・特技カラオケ、茶道
活動歴2017.6-
参照「生田みく」 FANZA

なんと自らこういったアダルトな業界に興味を持ち、すすんで積極的に応募してきてデビューを果たしたという生田みく。

…まぁ正直これくらいのエピソードなら聞かないまでもありません。

しかし彼女はブログに似たサービス「note」にてストリップ鑑賞について語っているあたり、真正のエロセンスを持った天性の女優と言えるのかもしれない。

ペニスを舐めながらこちらを見ている生田みく

先に紹介した桃尻かのんもそうでしたが、生田みくもぱっちりと大きな目に加えて黒目も大きくやはり目力が…。

それと彼女のオッパイは70cmのCカップとやや小振り。

乳首の大きさは普通ですが乳輪の大きさは小さくて色合いも薄く、ちょこんと居座る乳首の在り方がちょっと可愛かったりする。

側位でセックスしている生田みく

生田みくもなかなかの小柄サイズではありますが、ちょっとだけ肉のある感じなので柔らかな触り心地も楽しめるタイプなんですよね。

ちなみに女子の平均身長は11歳でおおよそ145cm前後。

11歳ということは小学校5~6年ということなので、身長144cmがどれほど珍しくレアであり素晴らしいことか…。

寝バックで挿入されている生田みく

それにしてもこれくれいのサイズになるとやはり背徳感は増し増し。

ちょっと体格のいい男優を相手にするとなると言わずもがな、本当の意味でちびっ子とみだらな行為を行っているようで、なんとも犯罪チックというか「だからこそ良い!」といった声が聞こえてきそう。

あと生田みくもお尻の見た目はなかなかいい感じ。

意外と肌つやも整っていて綺麗なので、バックからなどのお尻メインのカメラアングルでも楽しめるのではないかと。

低身長のせいかバックから突くアングルにでは、ミニマムボディーがより映えるように感じるのは自分だけでしょうか。

ちょっとお肉があると掴んだときの食い込み具合がいいんですよね。

これがミニマムボディーであるとさらにその部分がそそるのです。

あず希

コスプレにて側位セックスをしているあず希

続いてはミニマムサイズというだけでもかなり美味しい属性なわけですが、加えてパイパン、加えて巨乳と設定盛り盛りなあず希をご紹介。

女優名あず希
血液型A型
生年月日1996年12月5日
出身地千葉県
身長143cm
スリーサイズバスト 87cm(Eカップ)
ウエスト 56cm
ヒップ 85cm
趣味・特技
活動歴2016.5-
参照「あず希」 FANZA

元々はガチのコスプレイヤーとして活動していたあず希。

実はレイヤー時代からすでに過激な格好にて数々の撮影をこなしており、AVへのデビューはある意味自然な流れだったのかもしれない。

少し鼻にかかったような…ちょっとしたアニメ声的な可愛い声もしているので、このあたりもコスプレの世界観とマッチしていていいですね。

髪を掴まれつつバックで挿入されている制服姿のあず希

ミニマムカテゴリーではどうしてもスレンダータイプが目立ちますが、彼女もまたどちらかといえばいい感じにちょっと肉が付いている方でしょう。

(※ 二の腕の太さが気になる人には気になるかもしれないが。)

そして今回紹介する中では唯一のEカップであり、「ミニマム巨乳」という魅惑の属性を持った彼女の存在は大きいはず。

男性に後ろからオッパイを揉まれているあず希

それにしてもちびっ子で巨乳という組み合わせはそれだけでおいしい。

さらに彼女もまたパイパンなのである。

ミニマムなサイズにはパイパンがよく映えるのでこれまたありがたい。

ソファーにて開脚状態で手マンされている制服姿のあず希

彼女は色白で綺麗な肌というわけではありません。

しかしあそこはモザイク越しでも分かるほど、そこそこの美マン&美アナルなので見た目でもしっかり楽しめるタイプではないかと。

騎乗位でセックスしているあず希

あとはなかなかの感度であることも加えておきたい。

イクときのビクビクとした反応も素晴らしいもので、絶頂頻度と痙攣の強さを考えると結構いじめがいのある子ですよね。

2016年のデビューからガッツリと活躍していたので出演総数は200本にもなるあず希ですが、残念ながら2018年4月からは無期限の休養中。

関連記事
「感度抜群、痙攣絶頂!見応えあるビクンビクンが売りのAV女優」
「その喘ぎ声に萌え必至!アニメ声が可愛いAV女優」

想真花

騎乗位で挿入しながらこちらを見つめる想真花

そしていよいよミニマム度は140cmの大台へ。

ただでさえ魅力的な140cmのミニマムボディーに加え、ちびっ子サイズと抜群に相性のいいパイパン要素までありの想真花が登場。

女優名想真花、光乃ひかり、平花
血液型
生年月日1999年8月7日
出身地
身長140cm
スリーサイズバスト 75cm(Dカップ)
ウエスト 55cm
ヒップ 82cm
趣味・特技
活動歴2018.12-
参照「想真花」 XCITY

ついにたどりつきました140cmぴったりの大台!

その記念すべきミニマム女優は想真花。

そのルックスはやや人形チックでもあり大人っぽくもあり…そしてSっぽい印象の顔でもありと、ミニマムサイズな体とはギャップのある感じが面白い。

それでもしっかりと「ちびっ子美少女系」という芯は外していませんよ。

ディルドでフェラチオしている想真花の顔のアップショット

身長はまさにちびっ子と言えそうな低身長っぷりですが、意外にもバストサイズ75cmのDカップ&ヒップサイズ82cmと出るところはちゃんと出ている。

スタイルの良いモデル系をそのままちっちゃくまとめたような感じ。

これまた2次元的な印象を感じさせるような理想的なアニメボディー。

ビキニで色っぽく挑発している想真花

比較的に傷の少ない綺麗なお尻をしており、細いウエストがくびれを強調するとともに、相乗効果でお尻も強調していてバックからの景観は思ったよりも楽しめる。

お尻メインの映像も見応えがあるのでおすすめしておきたいですね。

ソファーにて正常位で挿入されている想真花

そしてまたまた彼女もパイパンである。

ちびっ子とパイパンの相性はすでにガッツリと明言していますが、これだけのサイズになるとその魅力はさらに際立つように感じます。

やや大人びたルックス…しかしパイパンによって強調される幼さ…、さらにギャップが激しくなるで非常に面白い素材なんですよね。

全体的に肌が綺麗でお尻もつるんとしており、モザイク越しであっても美パイパンであることが分かる。

ミニマムと掛けてパイパンを楽しむのであればおすすめですよ。

関連記事:「おすすめしたい!美パイパン美マンのAV女優9選」

川島くるみ

ソファーで脚を広げてクンニされている川島くるみ

そしてラストはミニマム度135cmでその魅力はさらに高まり犯罪級に!

超を付けたくなるほどのスーパーミニマムボディーで、もうあらゆる行為が全てNGシーンになってしまいそうな川島くるみをどどんとご紹介。

女優名川島くるみ
血液型
生年月日
出身地
身長135cm
スリーサイズ
趣味・特技
活動歴2016.11-
参照

彼女は業界でも1000年に1人のミニマムボディーなどと言われるほど。

幼さを感じさせるいくつもの要素がいい感じにそろっており、彼女のミニマムな魅力がしっかりと興奮を煽ってくれるわけですよ。

ちなみに彼女は歯並びがやや悪くて特に右側の八重歯は目立つのですが、これがむしろ彼女の魅力を引き立てているようにさえ感じるところ。

キッチンで立ちバックで挿入されている川島くるみ

そして彼女はつるぺたなバストでちっぱい女優でもある。

今回紹介する中でも断トツな微乳でありそれが特長でもある。

プロフィールを調べてみるとバストサイズ84cmのCカップという情報も見かけましたが、この子はどう見てもAカップなのではなかろうか?

どう頑張ってもCカップはおろかBカップでも厳しそう。

ソファーにて紐水着&大開脚でバイブを当てられている川島くるみ

オッパイは半端に普通サイズであってもいいんですけどね。

ところがちびっ子とちっぱいの組み合わせも素晴らしいのだ。

惜しむらくは彼女の乳首や乳輪の色合いはやや濃いこと。

キッチンにて背面騎乗位で挿入されている川島くるみ

そしてラストを飾る川島くるみもしっかりとパイパンである。

やっぱりちびっ子にはパイパンがよく似合っており、それはもう鬼に金棒、虎に翼…そしてミニマムにパイパンなのだ。

それにしても川島くるみレベルのサイズになると、全パーツがちびっ子感満載といった感じになってしまうので、セックスをしているときのやられている感が半端なく…自分などは非常にゾクゾクさせられるわけです。

侵してはならない領域を侵している感じがなんともたまらない。

低身長ミニマムAV女優のあとがき

いやぁ~今回はサイズ的にフルでちびっ子を紹介したせいか、このご時世では少々後ろ指をさされそうな内容になっていたような…。

とはいえやはり低身長という素材には魅力を感じずにはいられない。

最近の女の子はただでさえ華奢な子が多いのに、さらに人一倍小柄だとSっ気を非常に強く刺激されてしまうのです。

そんなわけで今すぐにでも強く突っ込み入れたくなる衝動が…。

…低身長なんて要素は肉体改造ではなかなか踏み入れ難い領域だし、そのほとんどが天然ものという侵しがたい領域であるというのも大きい気がします。

それにしてもミニマムと一口にまとめてもその特色は十人十色。

二物を得たかのようなミニマム巨乳、幼さが強調されるミニマムパイパン、そしてちびっ子がしーしーしているシーンを彷彿とさせるミニマム潮吹き、そして極めつけの極小サイズである超ミニマムなどなど。

ミニマムボディーの魅力と破壊力は計り知れない…。

…近頃はパイパンのAV女優が増えているように感じますが、やはりミニマムパイパンのポテンシャルはまだまだ健在ではないでしょうか。

まぁそれほどの威力ではないかと言いたいだけです。

今回はすでに活躍しているミニマム女優を紹介しましたが、これからもますますこの業界にこういったちびっ子女優が増えることを願うばかりです。

関連記事:「迫力満点の爆乳っぷり!IカップのAV女優が勢揃い!」