4つの安心&安全!無修正アダルトサイトの危険性にまつわる話

2021-01-06

今回のテーマは無修正アダルトサイトの「安心&安全」について。

「無修正動画を見たい!」…と強い欲望が湧き上がってきた時、その欲求を満たす質の良さも大切ですが、何より優先される重要性はやっぱり安全ですよね。

昨今ではニュースをちょっと見聞きしただけでも、「アダルトサイトで架空請求」なんて関連付けたような話は実際多い気がします。

そのため、「ちょっと怪しいのでは?」…と疑ってかかるのはいい意味で現代社会を生き抜く正しい防衛本能かなと思いますが…。

しかし、無修正サイトと言ってもその安全性はピンキリで、一昔前ならいざ知らず今はむしろしっかりと運営をしているところの方が多くなっているくらいです。

…少々長い前置きとなってしまいましたが、この記事では無修正アダルトサイトの安全性やその安全とする理由についても解説しています。

「無修正動画サイトを利用したいけど不安」といった場合は、こういったところでしっかりと必要な知識を身につけてから楽しむことがすすめられます。

4つの安心と安全とは?

画面にセキュリティー画面を表示して置かれているスマホ

まずは最初に結論的なことを伝えておきましょう。

よく誤解されがちなことではありますが、無修正のアダルトサイトだからと言ってその全てが必ず危なっかしい怪しいサイトばかりというわけではありません。

確かにこういったアダルトサイトの中には、今も平然と運営しながら警戒すべきような悪質なところもないわけではありません。

しかし、一度として何のトラブルさえ生じることなく、安全に利用することのできるアダルトサイトもちゃんと存在しているのです。

自分も正直なところ危うくなるようなトラブルは回避したいので、最初にこの手のサイトに入会する際には色々と調べに調べたという懐かしい実体験があります。

それが功を奏す結果につながったと思うのですが、幾多の無修正サイトを利用してきた中で生じたトラブルはひとつもありません。

ここではそのときに調べた内容を含め、安全と危険を線引きするための情報を掲載し、安心して利用するための手段などを明らかにしています。

安心その1:カードの利用名称

財布からクレジットカードを取り出そうとしている女性

まず最初に話しておきたい安心のひとつがカード利用明細について。

無修正アダルトサイトでは銀行振り込みの対応を停止しているところが増えたため、どうしてもクレジットカードなどで支払うことが多くなってしまいます。

そんなときに気になるのがカード利用明細の名称。

基本的にこういったサイトの利用自体は可能な限り秘匿しておきたい。

彼女、奥さん、家族などに知られたくないケースは少なくないでしょう。

例えばカリビアンコムは最も認知度の高い無修正サイトなので、ちょっとした情報通であれば女性であっても名称だけでピンとくるケースがないとは言えません。

他にも有名どころで言うと天然むすめ、パコパコママ、熟女倶楽部といったサイトであれば、そのいかにもな名称から一発アウトで申し開きのしようがありません。

基本的に多くの無修正動画サイトでは「利用先 → カリビアンコム」といったように、馬鹿正直にサイト名やサービス名を露骨に表記しないのでご安心ください。

例えば運営元が同じカリビアンコムや一本道などであれば「DI SERVE」、もしくは「DTISERV」と表記されます。

サイト名利用明細表記
カリビアンコムDI SERVE
(またはDTISERV)
一本道
パコパコママ
天然むすめ
HEYZOKINGSUMMIT
Hey動画
熟女倶楽部Maxx international
(またはDWSERV.COM、NetJPJT.net、Web Nett.net)
CLUB-XXX

このように利用明細にはそれなりの気配りが施されているため、こちらで対策を講じる必要はないというわけですね。

コスパは最高クラスかも!?魅惑の動画見放題プランをご覧あれ!
Hey動画月額見放題プランのトップページのスクリーンショット

Hey動画は一般会員でも視聴可能な動画本数はなんと15,000本以上、プレミアム会員にランクアップすれば20,000本以上とさらにボリュームアップ!

過去に配信された人気の超名作なども、当然ながら一切の制限なしでたっぷりと見放題に!

しかも見放題プランでの最安プランは驚きの「1日0.41ドル」。日本円107円で計算しても1日43円って…つまりは50円以下と非常にリーズナブル!

そう…「Hey動画の月額見放題プラン」とは驚愕の低コストがとっても魅力のプランとなっているのです。

安心その2:詐欺の危険性

サイバーチックに画像加工された南京錠

こういったサイトを利用する際に不安に感じてしまうのは、具体的には「ワンクリック詐欺」や「フィッシング詐欺」といったところではないでしょうか。

これに関しても無修正サイトだから危険ということはありません。

例えばカリビアンコム、一本道、HEYZOなどの人気&代表的な大手サイトでは、このような詐欺行為とは全くの無縁なのです。

Webサイトの安全性チェック

仮に本物の公式サイトであっても「安全性が気になる」というのであれば、セキュリティ会社の「Webサイトの安全性チェック」で確認してみるのもおすすめです。

(※ 関連リンク:「Site Safety Center」 Trend Micro)

ちなみに、最近ではこういった無修正のアダルトサイトに限らず、amazonなどでも本物の公式サイトにそっくりな偽物詐欺サイトを利用した手口も横行しているのでご注意。

認知度を悪用したメールに注意

詐欺系を警戒するのであればWebサイトよりもむしろメールの方。

認知度の高いサイトは名称だけでも自然と信頼しやすく、勝手にサイト名を使ってメールを開封させる、もしくはURLアドレスを選択させるといった手口もあります。

例えばよくある手口として、「LINEからの重要なお知らせ…他人にアカウントを利用された可能性があります。下記のリンクからID・パスワードを入力して確認してください。」…といった感じのメールです。

これは昔から蔓延している定番でシンプルな方法ではあります。

しかし、人の焦りをうまく利用したような悪質な手口で、理解している人であれば無視するだけなので対処は簡単ですが、今でも人によってはついつい開封してしまう手法なのです。

まぁ、こういった手段を利用するようなパターンは別にアダルトサイトに限らず、あらゆるメールにおいて絶対に開封しない、もしくは直接メールに記載されたURLアドレスからWebサイトを開かないなどの注意をしておくべきでしょう。

対応が遅れているWebサイト

あと警戒しておきたいのが対応の遅れているようなサイト。

特に認知度の低いようなマイナーなところでは、対応の遅れからセキュリティが脆弱なケースも少なくありません。

例えば、スマホでの利用が過半数を占めるような現在であっても、スマホ対応していないサイトは注意しておいた方がいいと思います。

また、Webサイトをいまだに「SSL対応(常時SSL化、https化)」させていないサイトもあるので、こういったサイトもやはり利用しないのが無難と言えるでしょう。

(※ WebサイトのSSL対応はURL左側に鍵マークが表示されていれば対応しているということ。今では対応することが運営する上で最低限のレベル。)

無修正サイトの安全性について気になる初心者であれば、こういった対応が遅れているサイトは警戒しておくのがおすすめです。

安全その1:カードの不正利用

並べて置かれた複数のクレジットカード

クレジットカードの不正利用で最も痛手になるのは、そもそも後払いという仕組みによりガッツリと使い込まれてしまうこと。

それに加えてその後の手続きも必要になるため、不正利用なんてトラブルが生じてしまうと面倒事は正に山の如しなのです。

…ただし、すでに書いたように「無修正サイト=危険性のあるサイト」というわけでもないので、よっぽど怪しいサイトに手を出さない限りはそれほど不安に感じる必要はないというのが現状ではあります。

例えば、カリビアンコムなどのように運営歴、実績、会員数など一通り基本的な内容においてしっかりと運営をしているサービスもあるため、「無修正=危険」といった先入観は捨ててもよいかと。

ちなみに、自分も実際にこういったサイトを長年に渡って複数利用していますが、これまでに一度もカードの不正利用といったトラブルが生じたことはありません。

(※ 当然ながら怪しいサイトかどうかを事前に調査し、安全性の高いサイトであることを確認してから利用を開始しています。)

安全性が高いと思われる代表的なサイトをいくつか一覧にまとめておくので、よければ参考までにご覧ください。

サイト名サイトの概要
カリビアンコム無修正サイトのパイオニアであり、現在最も人気のある代表的なサイト。
HEYZOHEYZOも無修正サイトの大手であり、AV女優、熟女、素人のバランスがいい感じ。
Hey動画10サイト以上の動画を見放題にできる月額見放題プランがお得。
パコパコママ熟女好きにおすすめの人妻・熟女系ジャンルの人気サイト。
天然むすめ素人系ジャンルと言えばこちら。若い子を中心とした素人を楽しめる。

いずれにしても、アダルト業界に限らずどのようなサービスを利用する場合でも言えることと思いますが、初心者がいきなり王道を外してマイナーなところを狙うのは、それなりに知識が必要になったりとハードルが高くなるのでご注意。

無修正動画を利用するのが初めてで安全性に不安を感じているのであれば、まずはこういった代表的な王道サイトから利用する方が無難だと思います。

いずれ数をある程度こなしていけば、いちいちこういった安全性に関する情報を調べなくても、経験則から安全の線引きもしやすくなるはず。

クレジットカード不正利用対策

どうしてもカードの不正利用が不安で仕方がないという人のため、ここではその対策方法のひとつを掲載しておきたいと思います。

それは不正利用のリスクの元となるクレジットカード自体を使わない選択肢。

最近の無修正サイトでは銀行振り込みの取り扱いの停止などにより、支払い方法の選択肢が少なくなっていることが多いです。

しかし、各サイトにて厳密に明記されていないだけで、クレジットカード以外に利用可能なプリペイドカードやデビットカードもあるのです。

(※ 実際に試したところ、「Vプリカ(プリペイドカード)」や「JNB Visaデビットカード」は使えるところが多い。)

これらのカードはその性質上、チャージ(前払い)した分までしか使うことができないため、何らかのトラブルが生じても被害を最小限に抑えやすくなります。

また、そういったアダルトサイト専用のカードにすることで、メインのクレジットカードとは別に使い分けることができ、仮に何らかのトラブルが生じてもそのままスッと切り捨てやすくなるというわけです。

「どうしても不安だけど利用したい」という場合の選択肢としておすすめ。

安全その2:無修正の違法と危険性

鉄条網を掴んでいる男性の手

無修正サイトを利用するのであれば、これも事前にしっかりと把握しておいた方がいいという法律に関する話。

この部分を事前に理解しておくと、自分がこれから利用する無修正サイトの安全性への理解も深まるので、より安心して利用しやすくなるかなと思います。

無修正動画の利用に関する法律

まずは無修正サイトで理解しておくべき利用そのもの、「無修正動画を視聴すること」もしくは「無修正動画を所持することは違法かどうか?」について。

これまた先に結論から言っておくと、例えば無修正動画サイトで有名なカリビアンコムやHEYZOなどを通常利用する場合、これが現状の法律で違法になるようなことはないので一般的なユーザーが逮捕される可能性はありません。

つまり、こういったサイトでの無修正動画の視聴はもちろんのこと、ダウンロードやそのデータを所持し続けたとしても違法には当たりません。

このくらいの「問題ないよ~」といった話程度ならよく聞く話。

…では、せっかくなので「なぜ逮捕されないのか?」についての理由も、簡単に解説しておきたいと思います。

まず、現行法により今の日本では無修正動画の販売はできません。

その条文は以下に抜粋しておくので参考までにご覧ください。

刑法 第175条 第1項
わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役若しくは250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
第2項 有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

(※ 関連リンク:「刑法」 e-Gov)

ここでいう「わいせつ物」が法律上で厳密に定義されているわけではありませんが、簡単に言うと「わいせつ物=無修正動画」と考えてもらえばよいかと。

これにより日本では普通に無修正動画を販売するような行為は、違法になってしまうというわけなんですね。

…では、なぜカリビアンコムなどの利用なら危険性はない…となるかについてですが、それについても次項にてもうちょっと詳しく解説します。

関連記事:「えっ…安全じゃないの?カリビアンコムの違法性について」

販売者&保管者&利用者

現行法では無修正動画の販売は違法となります。

加えて、2011年には販売者だけでなく、同様の目的でデータを保管した「保管者」も対象となるよう改正されています。

実はこれを「単純所持でも違法?」と勘違いしてしまう人も少なくないため、一般ユーザーであっても条文に目を通しておいた方がいいかもしれません。

刑法 第175条 第2項
有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

あくまでも商売のための保管であれば…ということが前提になっているため、普通に利用する一般的なユーザーが保管しているだけではこれに該当しません。

ここまでの解説でも明らかなとおり、普通に無修正サイトを利用するユーザーが問題になることはなく、こういったサイトの利用は法的にも安全というわけです。

ここで私個人が「違法ではない!」と断言してみても信憑性はいまいちかもしれないので、どうしても不安であれば下記のリンクを参照してみるのもおすすめ。

(※ 関連リンク:「無修正アダルト動画について」 弁護士ドットコム)

…ちなみに現段階では「現在の法律であれば問題はない」というだけで、今後改正によりただのユーザーの所持でも違法となる可能性がないとは言えません。

まぁ個人的にはこの可能性は限りなくゼロに近いと考えていますが。

そもそも現状のインターネットの普及具合を考えると、無修正の画像や動画なんて規制することが難しいほど一般にあふれているし、所持した人全てを裁くこともそこに注力することも現状ではすでに現実的ではないんですよね。

いずれにしてもしばらくは安泰かと思いますが、以前より規制は厳しくなっているので改正にはちょっと気を付けておくのがいいかもしれません。

関連記事:「初心者の救世主!?Hey動画の月額見放題プランについて」