快感は抜群!リスクも抜群?床オナニーのメリット・デメリット

2021-01-06

この記事で取り上げるテーマ…それは最近徐々に…そして確実に大きな問題となってきている「床オナニー(床オナ)」について。

年代的には特に若い世代で床オナ使いとして覚醒するケースが多く、長期的な床オナニーの熟練度によって様々な弊害が生じています。

例えば最も大きな問題として取り上げられることが多いのは、パートナーができたときにそのパートナーとのセックスがうまくいかないこと。

その他にも問題になることはあるし加えて改善するのも難しくなるなど、想像以上にデメリット多きオナニー方法なので快感だけで床オナニーするのは要注意!

実はこのような内容の相談を受け、「初めて床オナニーというものの存在を知った…」という専門家もおり、ここにきて本格的に警鐘を鳴らしているのだとか。

床オナニーの何が危険なのか…まずはそのやり方を簡単に解説しつつ、そのデメリットや改善トレーニングのハードルの高さなどをまとめたのでご覧ください。

床オナニーとはどんなもの?

床に伏せた男性のお尻のアップ

「そもそも床オナニーってなんなん?」と詳細不明な人もいるかと思うので、なるべく簡単に床オナニーの知識について解説しておきたいと思います。

まぁ字面からもおおよそ推察できないこともありませんが、ごく簡単に言ってしまえば床を使ってペニスをしごいて射精するといったオナニーの一種。

通常…一般的に多くの人がやっているのは、手でペニスを上下にしごいて射精するというオナニー方法です。

専門的には「スラスト法(スラスト運動、スラスト型など)」と言います。

スラストと聞くと「○○スラスト」などのように、ゲームなどの必殺技名として聞く機会もありますが、「押す、突く、推進」といった意味を持つ英語です。

これに対して床オナニーというのは「プッシュ法」の一種であり、間違ったオナニー方法とされています。

英語では「prone masturbation(プローン・マスターベーション)」と言い、proneは「傾向、うつ伏せ」という意味があるので直訳すれば「うつ伏せオナニー」。

(※ 出典:「射精障害を改善するには?その1」 英ウィメンズクリニック)

一応その床オナニーのやり方についても簡単に解説。

オナニー方法としてプッシュ法に分類されることからも明らかですが、この方法は床を利用して強い圧迫感をペニスに与えて射精に至るといった感じ。

要は床オナニー流は女性との寝バックのような形にちょっと近い。

まるで床と交わるかのようにペニスを床とお腹で挟み込んで、ペニス・サンドイッチ状態で圧迫感による強い刺激を与えます。

前後運動もしくは上下運動をしながらペニスにリズミカルな刺激を与えつつ、時には横に動かしたりしてアクセントを加えたりも。

これがおおよその床オナニーのやり方となります。

…ちなみに、こういった何かにペニスを押し付けて快感や射精感を得るというプッシュ法には、他にも壁オナニーや角オナニーといった方法もあります。

角オナニーと言えば自分に合う机などのほどよい角を使って行うオナニーで、この方法は実は女性の経験者も少なくないオナニー方法でもあります。

ついでに言うと女性版の床オナニーもあります。

こうやって良くも悪くも徐々に認知度が高まっている床オナニーですが、「オナニー国勢調査 2017」においても全体の約6%もの人がしているという結果に。

(※ 出典:「オナニー国勢調査」 TENGA Healthcare)

関連記事:「回数よりも好きであることが大事!オナニストとは?」

知っておくべき床オナのデメリット

墜落して大破した飛行機

前項目で触れたように床オナニーは自分でうまくコントロールしてやれば、ほどよい圧迫感が非常に心地良くて得られる快感も大きくなりやすい。

…が!

そのために追うリスクもかなり大きいので注意が必要なのです。

遅漏や膣内射精障害のリスク

床オナニーでつながりの深い症状のひとつが膣内射精障害。

要はパートナーとセックスをしても膣内でオーガズムを感じることができず、射精に至ることができなくなるといった症状のこと。

(※ 出典:「床オナしすぎてEDになった」 新橋ファーストクリニック)

こういった状況に陥ると焦りから余計セックスに集中しづらくなり、ますます「射精感から遠のいていく→さらに焦る」といった負のスパイラルにはまり込む。

そして女性もまた「自分ではオーガズムを感じてくれない?気持ち良くないの?」という事実から不安を感じ、心が離れてしまう原因のひとつにもなりかねない。

つまりこれが床オナニー最大のデメリットとも言えるわけです。

そしてこのような状態を引き起こす原因は床オナニーの強い快感。

初心者マークを付けたような床オナ使いならまだしも、熟練度の高い床オナマスターに達しているとこういった状況に陥るリスクも高くなります。

…それと遅漏(ちろう)も一緒に注意しておきたいこと。

遅漏とは早漏とはちょうど真逆のような症状。

近年では早漏で悩む男子が増えていると言われており、早漏を発症した人に比べると遅漏を発症している人は少ないようですね。

原因は心因性であることが多いですが、なかには非常に強い刺激でマスターベーションを行ってきたため、女性の膣内程度の刺激では射精に至らないという男性もいらっしゃいます。

(※ 引用:「一部の生殖医療の診療費用(自費診療)」 いまもと泌尿器科クリニック)

遅漏と聞くと普通男子は「長く続くならいいじゃない?」と思いがち。

軽度の遅漏であれば努力次第で多少カバーすることもできますが、症状が進行すると遅漏のやっかいさもかなりのもの。

まずこてについても多くの男性が誤解しがちですが、セックスにおいての挿入時間が長ければ女性を満足させられるのでは?…というもの。

なんだって限度があるし女性にも好みや個人差があります。

なるべく短い時間でのセックスを好む女性もいるし、挿入時間が長くなれば長くなるほど膣内が濡れにくくなり、それでも男性がピストンすることによって快感よりも痛み…いわゆる「性交痛」を感じるようになるケースもあります。

それにそこまでしてもフィニッシュできなければ男女共に最悪。

女性はそんな痛みを感じることでセックスレスになる可能性が高くなり、結果的に夫婦仲を悪くする要因にだってなるわけです。

EDを発症するリスクもある

EDは勃起不全や勃起障害を意味するもので、「床オナニーと関係するの?」と結びつかない人もいますが両者は深くつながりのある症状と言えます。

まず心理的なストレスから心因性EDを発症する可能性。

パートナーとのセックスでなかなか射精することができないという焦りに始まり、そこからセックス自体がストレスの原因になることもあり、そういった精神面への負荷が勃起の障害となり心因性のEDに至る可能性があるというわけです。

…それと床オナニーで最大のネックになるのが強い刺激。

そもそもオナニーというのは、ペニスに与える刺激を自分でコントローすることが容易なため、通常のオナニーでさえも工夫次第で快感を探求しやすい。

そしてより強い刺激を与える床オナニーにて強い刺激を繰り返せば、刺激に対する耐性も獲得しやすく少々の刺激ではイきづらくなります。

その刺激に慣れ親しんだ床オナ使いは、女性の膣内部から得られる挿入感では刺激が足りず、最初こそ勃起はするもののフィニッシュしづらくなるのです。

加えてそのまま勃起状態を継続することが困難になり、いわゆる「中折れ」という状態に陥って挿入が困難になるというわけです。

(※ 出典:「【マンガ】EDの様々な要因」 浜松町第一クリニック)

…補足ですが中折れという状態は起こることがあれば起こらないこともあり、そんな理由から若干軽視されてしまうこともありますが立派なEDの一種です。

いずれにしても非常に自分の気持ちを削られた感じになるし、これもパートナーとの仲を険悪にしてしまう可能性もあるので注意が必要なのです。

関連記事:「やり過ぎのリスク…過度なオナニーにデメリットはあるのか?」

コスパは最高クラスかも!?魅惑の動画見放題プランをご覧あれ!
Hey動画月額見放題プランのトップページのスクリーンショット

Hey動画は一般会員でも視聴可能な動画本数はなんと15,000本以上、プレミアム会員にランクアップすれば20,000本以上とさらにボリュームアップ!

過去に配信された人気の超名作なども、当然ながら一切の制限なしでたっぷりと見放題に!

しかも見放題プランでの最安プランは驚きの「1日0.41ドル」。日本円107円で計算しても1日43円って…つまりは50円以下と非常にリーズナブル!

そう…「Hey動画の月額見放題プラン」とは驚愕の低コストがとっても魅力のプランとなっているのです。

ペニスが折れる?陰茎折症

陰茎折症(いんけいせっしょう)とは読んで字面のごとく、何らかの強い力によって「ペニスが折れること」で中折れならぬ「ナニオレ」という痛ましい状態。

こういった事実を知らない人は「ペニスって折れるの?」と驚くこともありますが、性行為中…特に騎乗位(女性上位)の状態でこれに至るケースは多いようです。

そして陰茎折症のリスクとして床オナニーもそのひとつとされています。

ペニスが折れる陰茎折症
・朝勃ち中のうつ伏せ
・床オナ
・騎乗位での挿入ミス
・激しいピストンでの挿入ミス
などの理由でポキッと折れることがあります
折れたら皮下出血で腫れ上がります
折れた部位を縫う必要があるので、我慢せず早めに泌尿器科を受診しましょう

(※ 引用:「ペニスが折れる陰茎折症」 メンズヘルスドクター福元)

ん~このネタは詳しく書くほど、うちの息子がヒュルンと縮み上がる…。

一応さらに付け加えておくと、大事なペニスに血管破裂による内出血などが生じるため、まぁ当然と言えば当然ながらの激痛…むぅ…やっぱり痛々しい。

床オナニーという方法もどうしても強く圧迫する方法であるため、快感を求めてエスカレートするほど陰茎折症のリスクも高まるのでご注意!

関連記事:「その大きさや如何に!日本人の平均ペニスサイズとは?」

床オナの改善は相当きつい

塀に座って眼下の風景を見つめている男性

ここまでの解説にてすでに何となく予想した方もおられるかと。

一度や二度の床オナ初心者であればそれほど問題になりませんが、床オナマスターにクラスアップした猛者であれば改善するのは相当にハードルが高い。

改善方法としては手コキオナニー(手淫)に切り替える、軽くオナ禁をして性欲を高める、パートナーがいればフェラチオをしてもらうといった方法を試みます。

(※ 出典:「射精障害、早漏についての解説|症状から治療法・薬まで」 ICIクリニック)

…しかしこの改善トレーニングでハードルを高く感じるのは、一度脳にインプットされた快感を忘れることはできないためこれらのトレーニング効果を得にくいこと。

例えば大好物の食べ物があって空腹時にそれを目の前に出されたとき、それを食べずに我慢し続けることはできるでしょうか。

食べ物であればまだ我慢できるという人もいるでしょう。

しかしそもそも基本的なオナニーであっても、一度知ったその快感を忘れて完全オナ禁できるかと言えばオナ禁が続かず苦しむ人がいるように、その難易度の高さは容易に想像できるというものですよね。

これまでに体感した快感が強ければ強いほど、そしてそれを繰り返せば繰り返すほど改善するのが難しくなってしまうというわけです。

また手コキオナニーでの快感を高めるためのオナ禁もつらい。

オナ禁状態に慣れていない人はなおのことこういった生活はつらい。

これらのなかなかにヘビーな床オナニーのデメリットを考えると、快感だけを求めてエスカレートしていくような状態には非常にリスクが高い。

…そういえば床オナ改善トレーニングにはオナホを使った選択肢もあるそうですが、実は改善中に今度はオナホの快感に目覚めてしまうケースもあるそう。

最近ではオナホのバリエーションも実に豊富になっており、女性の膣内に限りなく近い質感のものもあればそれ以上の強刺激タイプもあります。

改善トレーニングのつもりがオナホにはまるといった本末転倒なケースもあるため、床オナニーにはやっぱり手を出すべきではないのかもしれない。

関連記事:「リスクの心配は無用?射精後の排尿に関する情報まとめ」

床オナは絶対NGであるべきか

床オナニーは突き詰めていけば確かにとことん気持ち良くなれる。

先ほども触れましたがオナニーは自分でコントロールすることがメインになるため、快感を突き詰めればかなり天井知らずなポテンシャルがあります。

まぁそれで床オナニーという手法も確立されたのかもしれません。

マスターすればハマって抜け出せなくなるのもうなずける。

しかし床オナニーのリスクについても触れましたが、やっぱりパートナーができたときに普通にセックスができないというのはかなりヤバい。

そんな不能状態に陥ってしまうと、やっと見つけたパートナーから愛想を尽かされる可能性大だし、何より床オナが破局の理由なんて人には言えない…。

そしてただでさえ自信を失う状況にあって、その改善方法も非常に過酷極まりないとなれば、正直なところ負うべきリスクは想像しているよりもずっと大きい。

そういった意味では確かに床オナニーは危険と言えるでしょう。

…将来なんて当てにしない!と軽視し、右手が恋人ならぬ床が恋人でもいいじゃないか!…といった人も少なくないのかもしれません。

リスクを知りつつも覚悟の上でその道を突き進む者もいるはず。

しかしやっぱり将来の可能性はいつだってゼロではないので、ここに書いたようなリスクはしっかり頭に入れておくべきかもしれません。

多くの床オナマスターが語るようにどうしたって後悔が先に立つことはないので、あるべき正しいオナニーをマスターして楽しいオナニーライフを!

関連記事:「EDや射精障害も?正しいオナニー&間違ったオナニーとは?」